造園の最近のブログ記事

English follows Japanese

昨年、フランスのカマルグで田んぼアートをやってから早1年近く。
今度は福島県の相馬市で田んぼアートに参加してきます!

2011年の大震災以降、作付けの止まっていた相馬市岩子地区の田んぼ。
3年の時を経て、5月17日、作付けが再開されます。
地元の方々と一緒に、田んぼアートという形で更なる復興を祈願し、
そこに向かう強い意志を大地に刻んでいく。
そんなプロセスを共有できたらと思っています。

田植えに参加される方、募集してます。
案内のフライヤーをこちらでもシェアしますので、
興味のある方、詳細が知りたい方は info@youkeidesign.org (NPO法人有形デザイン機構)まで。

Almost  a year has passed since taking a part in Tambo Art (Rice Paddy Art) in Camargue, France.
This time, Minowa Rice Field is participating Tambo Art in Soma, Fukushima.

Rice planting  in Iwako district had to be stopped after the mega earthquake struck the area in 2011.
After three years, rice planting is finally resuming on May 17.

Our prayer for further reconstruction, and local people's  strong will for realizing it, will take a form of Tambo Art drawn on the ground.
Why not share such meaningful process?

Anyone interested in participating is welcome.
For more information, contact  info@youkeidesign.org (non-profit organization Youkei Design Org.)

田んぼアートNPA4.jpg田んぼアートNLLEl5HG.jpg

日本でお米がすくすく育っていた間、

フランスはカマルグに植えてきたお米もすくすく育っていました。

田んぼアートのその後をご覧あれ。


As the rice we planted in Japan grew, 

so did the rice planted in Camargue, France.

Here it is, the Tambo Art in Camargue.

6月27日 / June 27

tamboart_7_08.jpg
7月8日 / July 8

tamboart_7_15.jpg
7月15日  / July 15

8月28日  / August 28

作業三日目の6月13日と五日目の15日は現地の高校生や一般の参加者がやってきました。

田植えワークショップ。プロジェクトのハイライトでもあります。


ワークショップの前には、Citron Jauneスタッフによる田んぼアートのプレゼンがあり、

その後、日本人舞踊家二名によるダンスパフォーマンスがありました。

踊ってくださったのは日仏に留まらず、広くご活躍中の間宮千晴さんと森下真樹さん。

これが、とにかく、なんともパワフル。

IMG_8398.JPG

着物をまとって、一升瓶などの小道具を使い、細かな日本の所作を取り入れて、

でもものすごく自由。型を知っているからこその自由さというのでしょうか。

IMG_8401.JPG

観覧していた人たちも圧倒されていました。

その後、観覧者の方々と一緒に田んぼの周りをぐるりと囲んで、

IMG_8407.JPG

お米の成長を祈る「田んぼダンス」を踊りました。どすこい!どすこい!!

お相撲さんみたいな力強い動きが大フィーバー。大盛り上がりです。


それから、美濃輪家二名と、Citron JauneスタッフのHeleneを合わせた三名で、

参加者の皆さんを三つのグループに分けての田植えワークショップです。

高校生たちは、泥んこになってじゃれ合いながら、でも楽しそうに作業してました。

一般の方は、本当に小さなお子さんからおばあちゃんまで、それぞれのペースで

参加してくれました。


その後、私達とCitron Juaneスタッフでなんとか15日中に田植えを終わらせるべく、

植えて、植えて、植えて。

一番最後に、今回の担当者であるHeleneに、絵柄の中の一番重要な箇所、

牛の目の部分に植えてもらいました。

日本では、目を入れるっていうのは大事なことだよ、とか言いながら。

IMG_8440_1.jpg


稲がもう少し育ってきたら、色がはっきりと見えてくる、ハズです。

田んぼのサイズに対して図柄が細かすぎるので、どこまで表現できるのか、

今後のお楽しみですね。

お疲れ様でした!

IMG_8447.JPG


On the third and fifth day of Tambo Art Project: June 13 and 15, students from local 

high school, and general visitors visited our tambo site to participate the planting workshop.

Rice Planting Workshop is a highlight of the project.


Prior to the workshop, there was a presentation on Tambo Art by Citron Jaune staffs, 

and then a dance performance by the two Japanese dancers was presented.

Chiharu Mamiya and Maki Morishita has been dancing in France, Japan, and also in 

other countries in the past. Very talented dancers and performers.

Their performance was very POWERFUL.

They wore kimono, used Sake bottles, presented traditional Japanese movements, 

yet they were so free and liberal. I guess it is the liberty that derives only from the 

sufficient knowledge of form and manner. 

The audience was definitely overwhelmed by the performance.

The performance was followed by a "Tambo Dance" which the audience also participated.

We surrounded the tambo, and danced some powerful movements (like Sumo wrestlers!)

expressing our prayer for the sound growth of rice. 

They all loved the Sumo wrestler movement: Dosukoi! Dosukoi!


Planting workshop was done in three groups led by us and Helene, the Citron Jaune staff.

High school students seemed to enjoy the planting, although they enjoyed the messing 

around in the mud as much as the planting itself...

IMG_8324.JPG

General visitors were in a wide range of age: An infant and ladies in their sixties and 

seventies stood in line, and planted at their own pace. 

IMG_8412.JPG


After the workshop, the staffs and we planted the remaining part. 

The very last part was the "eye" of the black cow, which we asked Helene to plant.

Drawing an eye of the picture is especially important in Japanese culture.


As the plants grow and their leaf colors appear gradually, 

I hope the picture also emerges, although we know that the illustration was way too precise 

for expressing it in this size tambo... well, we'll see to it!

IMG_8443_1.jpg


final_drawing.jpg




カマルグは湿原なので蚊が多い。

というわけで、カマルグのシンボルは蚊らしい。

IMG_7894.JPG

現地の実働部隊として、今回一緒にお仕事をしたのがCitron Juaneという団体。

このCitron Juaneの黄色の建物は大きな倉庫になっていて、

普段もいろいろな演劇などのカンパニーがここで制作活動を行いながら、舞台の準備をしている。

IMG_7906.JPG

この地域のArtの重要拠点、なのですね。

NantesにもLe Uniqueという同じようなアートを支援する施設があったなあ。

いいですよね。山武にもそういうの作りたい。それで山武がアートだらけになったらいいな。

田んぼアート制作中は、ここのスタッフさんや、居候中のカンパニーの人たちと

寝食を共にする。これもまた、面白い出会い。


IMG_8224.JPG

さて、田んぼの現場は自然保護地区の中。南仏らしい乾いた草原の中に、突如現る。

IMG_8227.JPG

いろいろ準備期間中にすったもんだあったようで、最終的には10m x 25mのとても

ちいさな田んぼになったのですが、初の試みとしては十分。


田んぼの表面を少し均してから、くしで20cmピッチの線をひき、

IMG_8233.JPG

テープで1mグリッドをひいたのが1日目。それから、図面を見ながらアンカーポイントに

杭を打っていく作業。そして、杭の周りにテープでアウトラインを描く。これで2日。

IMG_8285.JPG

3日目は、いよいよ学生達がやってくる。


Camargue is a wetland, where there are A LOT OF mosquitos.

Thus, the symbol of Camargue is mosquito. 


Citron Juane is the name of organization we worked with in Camargue. 

The yellow building owned by Citron Juane is a huge warehouse, where groups like

theater companies create their costumes, theater set, etc. and prepare for their stage.

It is an important base of Art in this area. 

There was a similar facility called "Le Uniquie" in Nantes, too.

It'll be nice if we could make one in Sanbu, too. Then we'll have art everywhere in Sanbu! Yes!

While we were working on this Tambo Art, we had meals with the staffs of Citron Juane,

and with the company members staying in the caravans in its backyard. 

Very unique encounters.


Now, the tambo site is located in the preserved area, in the middle of dry grass field

unique to  southern France.

IMG_8372.JPG

The size of tambo ended up to be 10m by 25m, fairly small as a tambo art site.

Yet, it's a good size for the first attempt.


We first smoothed out the surface of the field, then drew lines by a large comb at 20cm pitch.

Then the first day of work ended with making 1m grid lines with tapes.

The second day was the plotting of anchor points, and drawing the outline of the illustration 

using tapes.

IMG_8265.JPG

Day 3, high school students, here they come.






france_map.jpg

カマルグは、フランスの南部、マルセイユの少し西に位置する湿原地帯です。

フランスで唯一、米作りをしているのがこのエリア。

ここで、田んぼアートを作る!というプロジェクトに参加してきました。


2013年、欧州文化首都として選ばれたマルセイユで、

マルセイユ・プロヴァンス2013という年間を通して行われる文化事業のひとつです。

なので主催はマルセイユの文化団体。

MP2013.jpg

そこになぜ、千葉の田舎から私達がぽつりと参加することになったかというと、

うーん、ご縁、というものなのでしょうか。


なにはともあれ、6/11-15の5日間かけて、田んぼアートの製作に励みました。

途中、13日には地元の高校生たちが、そして15日には一般の方が田植えに参加する

ワークショップも計画し、それに合わせて日本人のダンサーによるパフォーマンスを

披露するという、なかなか盛りだくさんな5日間でもありました。


せっかくなのでそのあたりの様子も、写真でご紹介していきます。


Camargue is the wetland area located a little to the west of Marseilles, in southern France.

We participated a project to create a "Tambo (rice field) Art" in Camargue, 

the only place producing rice in France. 

The project is one of the various projects of cultural program named "Marseilles-Provence 2013

as Marseilles was selected as an European capital of culture  this year.

Now, why did we get a chance to join such an event hosted by a cultural organization

in Marseilles?

Perhaps by an "en"- 縁- (a Japanese word often used to show an appreciation for 

having a blessed relationships and connection with people.)


So, we worked on the Tambo Art for 5 days straight, from June 11 to 15.

We also hosted rice planting workshop on 13, and 15, and on these days, we had

high school students and general visitors from the area experience the planting. 

During the workshops, there also was a performance by Japanese dancers, 

and surely, there were so much things going on during these five days.


Will be showing you some pictures to let you know how it was...
1月の末、寒い寒い我が家にお客さんがやってきました。
彼女の名はEmi。
12月のアースデイマーケットにお客さんとしてやってきていた彼女にひょいと声をかけたところ、意気投合。遊びにおいでよ!といったのが実現したのです。

普段はカナダのバンクーバーでYummy Yardsという農園をやっているEmi。
バンクーバーというと海と森に囲まれた自然豊かなところ。とは言っても、都市は都市なわけで、バンクーバーの中で農業をしている人はそうはいないようです。
彼女と彼女の友人が先駆けとなって始めた都市型の農業。今はファーマーズマーケットのようなところで販売したり、CSAという形で旬の野菜を詰め合わせのボックスに入れて配達(自転車!)したりしているようです。

特に面白いなあと思ったのは、有機野菜づくりとランドスケープデザインをうまく掛け合わせているところ。バンクーバーでは緑地に関する条例が日本よりも厳しいらしく、地主さんが建物を建てられない緑地がたくさんあるようです。こうした緑地を、お金を払って借りるのかなと思いきや、畑を作って美しい風景とすることで管理してあげるという発想。なので、地代を払うどころか、地主さんから管理料をもらうこともあるとか。
お金の部分はさておきですが、農業とランドスケープ・風景を別物としてでなく、一体に捉えてものづくりをしていきたいという気持ちはMinowa Rice Fieldととても共通するものがあります。

そんな話は勿論、こんな野菜はあるけど、これはない、とかどうやって販売するかの工夫、ボランティアさんやインターンの受け入れ、食習慣の話、キャリアの話などなど本当に話が尽きません。二日半の滞在の間、ちょうど農閑期であんまり作業という作業がないなあ、と思っていたのですが、色々な意見交換ができて本当に楽しませてもらいました。

IMG_2526.JPG
合間合間で作業をお手伝いしてもらったり。DIYなデッキのステップ作り。

IMG_2521.JPG
大豆の選別をするえみちゃん。

お互い食べ物のことには関心があるので、あーだこーだいいながらお料理。

IMG_2522.JPG
リコッタチーズの作り方を教えてもらいました。

IMG_2523.JPG
とっても簡単♪

IMG_2524.JPG
Emi作、リコッタチーズのせクリームパスタ。

あー、バンクーバーに行きたいーーー!
こうして世界中、行きたいところは増えてゆくのです。

IMG_2536.JPG
次は、バンクーバーで会えるかな?

記事の一番下に、Emiちゃんのとっても素敵なインタビュー動画があるのでそちらもちぇきらですよー!

We were happy to have Emi from Yummy Yards (Vancouver) visit us in the end of January. 
We became friends with her at the Earthday Market back in December. Though she's been temporarily staying in Japan, she usually works in her own farm called Yummy Yards in Vancouver. 

Throughout the 2.5 days of her stay, we talked, talked and talked! There are so much to share with each other especially when we have the interest in similar topics such as food, farming, landscape, and so on. 

She and her friend farmers offer CSA veggie boxes and also sell at Farmer's market. A very unique aspect about her activities is that she naturally mixes farming and landscape design: as there are many pieces of lands in Vancouver which landowners must conserve as green space, she proposes the landowners to let her improve/ maintain the landscape though growing vegetables on their land. The idea of such mixture of farming and landscaping is something Minowa Rice Field pursues, and we surely had many thoughts to share.    

During her stay, we did DIY together, soy bean picking, ricotta cheese making...

We surely had enough experience to motivate us of visiting Vancouver!!

Check out Emi's beautiful interview short film:


Meet your Urban Farmer - Yummy Yards (extended version) from Fire and Light Media Group on Vimeo.

竹のブランコのこと。

|
目の回るような忙しさだった昨年の10月。
そんな10月のことを、書いておくのです。

10月13-14日は地元の大規模音楽イベント、山のおんぶ、がありました。
私たちも最近仲良くさせてもらっている、本気で遊ぶ大人たちがみんなで集まって、山武市の方と協力し、開催している秋のおまつりです。
お祭り自体については、たくさんの方がステキなレポートをたくさんしてくださっていますので、ここでは竹のブランコのメイキングについて書きます。

今回は、たくさんの出店者の方がそれぞれパンの村、雑貨の村、というように小さな村をつくり、芝生広場のマーケットは大賑わいでした。そんな芝生広場のど真ん中に、竹の巨大ブランコを作らせてもらいました。

ネパールでは、ダサインというお祭りの時期に色々なところで竹のブランコが作られるそうです。そんな竹のブランコ、作ったら絶対子どもも大人も楽しい!と盛り上がったお酒の席での話が今回のブランコの発端。Minowa Rice Fieldと、竹で常々楽しいことをやっているトージバの佐野っちとでとにかくやることに。

近くの知人の山から切り出させてもらった竹をなんとか会場まで運び、全て人力で立ち上げました。使用した竹の長さは約11m, 最終的な高さはおよそ7mほどでしょうか。
遊び心で先端のほうに鈴をつけてみたり。

IMG_2069.JPG
もくもくと作業。

IMG_2068.JPG
漕いだらシャラシャラ鳴るかなあ。

IMG_2071.JPG
大人たち、必死。

IMG_2073.JPG
高いところは梯子で登るしかないのです。

写真1.JPG
全体像。

完成した竹のブランコは二日間の間、ずーーーーーーっとこどもが並びっぱなし。泣く泣く乗るのを諦めた大人も多かったはず。そして、印象的だったのは竹のブランコを作るよ!とFacebookで告知をしたところ、何人もの方が手伝うよ!楽しそう!と嬉しそうに手を挙げてくれたこと。

IMG_2095.JPG
大人はかなり本気漕ぎ。

写真2.JPG
かなり本気漕ぎ。

IMG_2101.JPG
でもこどもの楽しそうな姿にはかないません。

IMG_2098.JPG
背中を押してもらいながら。

写真3.JPG
楽しんでもらえたかな?

公式ホームページにフォトグラファー関さんの撮影された当日の写真がたくさんアップされています。是非こちらものぞいてみてください。

こんなものがあったら楽しい!を形に
楽しみながら作っているとさらに人が集まってくる

2013年もそんなものづくりをしていきたい、と思いを新たにするミノワライスフィールドでした。

A Record of building a huge bamboo swing at the local music festival, Yama no Onbu, back in October 2012. 
Bringing the 11m long bamboos out of the mountain nearby, we made this swing all by our hands. We got the idea of the bamboo swing from Nepal, where they make numbers of bamboo swings at the time of annual festival called Dashain.

"How exciting could it be if we had one of these swings at the coming festival?!"
It all started from a casual conversation while drinking one night. 
It is amazing how you can really make it true, when you really enjoy what you are doing. One single post on Facebook also helped to find friends who loved the idea just like us. 

The swing was there only for two days- and there was a long line of children consistently waiting for their turn to get on this giant swing. Too bad for the adults who had to give up the thought of riding it... 
You can check out the beautiful photos taken bay Seki-san at the official website:

This year, we hope to have another chance of making things FUN which intrinsically have the power to gather people =)

MINOWA RICE FIELD


稲刈り体験の翌日、9月16日は 33 gathering なるものに参加してきました。
地元山武の森の中で催される、最大限にゆる〜〜い音楽フェス&キャンプイベントなのです。
詳細はたくさんの人が説明してくださっているような気がするので省きますが、
地元でこんな楽しいイベントがあるとなったら、行かずにはいられない♪
実はこっそり、稲刈りの合間を縫ってキャンプインしておりました私たち夫婦。

そもそもこのイベント、2週間もの間やってる強者イベントなのですが、
この16日は7iRo Marketというマーケットも同時開催。
そこで、今回はこのマーケットに「苔玉ワークショップ」で出店することにしました。
Minowa Rice Fieldは半分農家ではありますが、半分は造園屋さんなのです。
あんまり知られていないこの事実、こういうところでちゃんとお伝えせねば!!

昨年に引き続き、おともだちの建築集団 海賊さん(←本当にそういう名前の会社です)が、ちびっこに大人気の泥団子ワークショップを出店、そしてその横で私たちは粛々と苔玉作りを行いました。

DSC_4336.JPG

DSC_4339.JPG

DSC_4402.JPG

初の苔玉ワークショップでしたが、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
こういう植物や風景に関わることももっとやっていけたらいいなあ、と日々常々思っているMinowa Rice Fieldでございました。

おまけ。
夜の風景も、また良し。手作りの東屋が風景に映える。

DSC_5595.JPG

All Photos by KENSAKU SEKI.

On Sept. 16, we participated in a event called 33 gathering.
It is a  very creative and relaxing camp & music festival combined, held in the forest of our home town Sanbu. The event itself goes on for two weeks, and we camped in a few days prior.

On that Sunday, there was also a market named 7iRo Market, held inside 33 gathering, and we decided to do a Moss Ball Workshop in this market.
A moss ball, if you haven't have a chance to see or make one before, is a ball of soil, with a small piece of plant planted on top, and wrapped with a sheet of green moss. Then it is wrapped around and around with a piece of string so that they will not fall apart.

We brought many types of plants, like hosta, a seedling of maple tree, wire plant, Mondo grass, Lysimachia nummularia, silver thyme, etc...

The reason why we decided to do such a workshop is because many people around us do not know the fact that we not only do farming, but also LANDSCAPE DESIGN!
A nice opportunity to let people know that, isn't it? A perfect situation in the nature!

This was, in fact, our first moss ball workshop, but it was a lot of fun, and we'd like to thank every one who participated it.










花火。

|
自然の中で見つけた花火。

IMG_1856.JPGのサムネール画像

ディルの花です。

Fireworks in the nature.

A flower of dill. 


nagisa

炎天下の園庭。

|
昨日は本当に暑かった、、、
しかしそんな暑い日だからこそ?造園の仕事が入っていたりします。
頭くらくら、熱射病一歩手前ではございましたが、植物をたくさん植えてきましたよ。

2008年からお世話になっている葛飾区の保育園。

3つある築山のうちの2つ、ごろごろの山とだんだんの山の植栽を新しくしてきました。
2008年以降、お庭を作る私たちのつきない悩みが、こどもの踏圧。。。
お庭で遊ぶことを心から楽しんでもらえるのはもちろん本望ですが、それで1つ、また1つと姿を消していく植物がいるのもまた事実。。。
せめてこどもたちが植物の上を全力疾走しないように植え方を工夫してみたり、なるべく強い植物、存在感のある植物を選んでみたり。今度はなんとかうまくいくでしょうか???

IMG_1767.JPG

ことしのごろごろの山は雑草でこどもに対抗。

IMG_1774.JPG

だんだんの山は芝生を張りつつ、動線と動線でないところをはっきりさせるように植栽。

毎年少しずつ手を加えている園庭も、だいぶ緑が落ち着いてきた部分もあり、23区内にある保育園でこれだけお庭があるってのはほんとに素敵なことだなあ、と改めて思ったのでした。
そしてそれは、こんな炎天下でも「手伝います!」と一生懸命手伝ってくれる先生方のお庭に対する真剣さ、愛情に他ならないと思います。

IMG_1776.JPG

井戸水で潤う流れ。

IMG_1765.JPG

流れの先の、小さな田んぼ。苗は順調に育っていました。

IMG_1772.JPG

見えるかなぁ。倉庫の屋根には野の花が咲き乱れています。

Scorching summer day yesterday!
Well, it happened that we had a planting to do in a kindergarten yard in Katsushika-ku, Tokyo.

We've been working on it since 2008.
Yesterday, we replanted the two of the three small hills. Ever since we started planting things in this yard, our never-ending concern was that the plants can not survive in the field where children walk and run around.
This time, we tried to make things better by bringing in stronger plants, conspicuous plants which children can easily distinguish, and also by putting them in a way to subtly separating entry zone and non-entry zone...

We'll see how it works!

Thank you to all the kindergarten teachers and staffs who have helped us out yesterday despite the very very hot weather. It's really not easy to find the same type of kindergarten yard, so full of green, in Tokyo. It all comes from their commitment and love for the yard and their strong will to make a better environment for the children.

nagisa



プロフィール

  

Minowa Rice Field

千葉の山武市松尾で、合鴨農法による米づくりと造園の仕事をしています。からだにも環境にも優しい・楽しいを目指して日々マイペースに邁進中。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30