味噌炊き2013 / Miso making 2013

さてさて、麹ができたところで味噌炊きです。
今年の味噌炊きもワークショップ形式で、
場所は山武市松尾町のよもぎ館をお借りしておこないました。

今年は食への関心が高い女子たちを始め、
お子様連れの友人家族も参加してくれて、
アットホームに計6釜、120kgのお味噌を仕込みました。

IMG_2602.JPG
1.昨日から浸水させておいた大豆を圧力釜で茹でる。
豆は無農薬で作った千葉の在来種、小糸在来です。
大粒で、甘い。
味をつけなくても茹でたそのまんま、こどもだって、ぱくぱく。

IMG_2616._2JPG.JPG
2.塩と米麹を混ぜておいたところに、粗熱をとった大豆を混ぜる。

IMG_2615.JPG
よく混ぜる。冬場で手が荒れていると(私のことです)最強にしみて痛い。

IMG_2621.JPG
わりとみんなへっちゃらっぽく、素手で混ぜ混ぜ。

IMG_2623.JPG
3.チョッパーという機械にいれてこねる。
でてきた生地はパスタのようになってるので、これをまるめて団子状に。
親子3人の共同作業。

IMG_2618.JPG
こどもも楽しんでできるのが良いところ。

IMG_2614_2.JPG
4.樽の底にひとつまみの塩を敷き、生地を敷き詰める。
一層敷き詰めたら、あとは団子にした生地を叩きつける!
こうすることで空気が入らない。
さあ、皆さんも日頃のあんなことやこんなことを叩きつけて!

5.上まで敷き詰めたら生地の上にひとつまみ塩を広げて、
ラップを敷き、袋にいれた塩を重石として敷き詰める。
あとは次のお彼岸まで風とおしが良くて暗い蔵でおやすみなさい〜。

ちなみに今回使った塩は三種類。
どんな味の違いがでてくるか、楽しみだー。

IMG_2626.JPG
地元九十九里(旭市)でサンライズさんが作っている
あげ浜塩田製法の塩。

IMG_2624.JPG
インドネシア産ジャワ海の塩。結構しょっぱい。

IMG_2627.JPG
あじのもとのあら塩、瀬戸のほんじお。

今回仕込んだ味噌は、このあたりの地域で1年くらいの間
食べられるような塩分濃度に計算されているそうで、
仕込み段階で計算上は13%、できあがりで11%くらいの予定。
お味噌はその地域、その地域で使っているものや作る工程も
全然違うんだろうなあ。。。
手前味噌持ち寄っての、味噌効きパーティーとかしてみたいな。

何はともあれ、
参加者の皆さん、お疲れ様&ありがとうございました!


After making the rice malt, we held a Miso making workshop.
Miso making procedure is as follows:

1. Boil soy beans. (Soy beans are to be soaked in water for 1 day prior to boiling.)
2. Let soy beans cool down to body temperature. Mix salt and rice malt, 
then add soy beans and mix them well.
3. Put soy bean- rice malt- salt mix in a chopper. 
4. Spread a table spoonful of salt at the of the barrel.
Roll the dough into a handful sized ball, spread them in the barrel, making sure to leave no space open. When the bottom of the barrel is covered by miso dough, throw the miso balls down into the barrel in order to avoid the air sneaking in between the dough.
5. After the barrel is filled up with miso dough, spread another table spoonful of salt on top, then cover it with a piece of plastic wrap.
Finally, put some bags of salt on top as a weight, and let the miso barrels go through fermentation in a dark, drafty storage until next fall.

We also used three different types of salt, just to see 
how miso comes out different after a year of fermentation.

Can't wait to see (taste) them again next fall!


プロフィール

  

Minowa Rice Field

千葉の山武市松尾で、合鴨農法による米づくりと造園の仕事をしています。からだにも環境にも優しい・楽しいを目指して日々マイペースに邁進中。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30